シロアリ駆除は費用相場を知れば適正なサービスが受けられる

シロアリ駆除費用相場を知るなら処理の流れを把握しよう

シロアリ駆除を行う際に覚えておくべきこと

男性

シロアリの被害によって住宅の修繕や新たな防除作業が必要になった時、大きな費用がかかることを心配される方も少なくありません。ただし、一定条件を満たすことで確定申告にて雑損控除として扱ってもらうことができます。

シロアリ駆除費用の処理について

シロアリ駆除は、補修費用を保険で賄うことが可能ですか?
シロアリ駆除や被害による住居修繕にかかる費用は、火災保険の保証適用外です。どんなに予防策を取っていたとしてもシロアリの被害は免れないため、火災保険では保証を行いません。そのため業者によるシロアリ点検などを定期的に行い、予防などを常に行うことで被害を最小限に食い止めていくことが、もしもの時の大きな保証となることでしょう。
シロアリ駆除を行う際に所得税控除の雑損控除が受けられると聞きました。どのような制度か教えてください。
所得税控除の中には、災害や盗難、横領などによる資産の被害を受けた場合、「雑損控除」と呼ばれる一定の所得控除を受けることができる制度があります。1)(シロアリ被害修繕費や駆除費等)-(総所得金額)×10%
2)(シロアリ被害修繕費や駆除費等)-5万円
こちらの計算式に当てはめ、いずれか多いほうの金額が控除額として申請できます。シロアリ被害による修繕の場合、火災保険の適用外ですので、全額控除対象となります。ただし、援助金などを受け取った場合は修繕費や駆除費から差し引くことが求められます。
確定申告で雑損控除を行うのは、どの施工でも対象になりますか?
シロアリによる被害を受けて、家の修繕を行った場合、家の修繕費用とシロアリ駆除費用は雑損控除の対象となります。ただし、シロアリによる被害を予防するための工事に関しては雑損控除の対象からは外れてしまいます。あくまでもシロアリ被害から生活を立て直すためにかかった費用のみに雑損控除の申告を行うことができますので注意が必要です。

女性

シロアリ駆除費用相場を考える際には、駆除や住宅補修にかかる実費用のみならず、雑損控除による控除額も合わせて考えることで、適正額を知ることができます。この知識を踏まえ、見積もり時に控除概算額を調べておくことも必要です。

TOPボタン